永住申請は、どのタイミングでするべきか。

永住以外のビザは、全て在留期間の更新が必要です。

そのため永住申請をしたい方のご相談で、「次の更新時に永住に変更したい」というものがあります。

何度も手続きをするのが面倒なので、更新のタイミングで変更したい、と思われるのでしょう。

しかし、これはお勧めできません。

永住の申請は他の変更手続きとは異なる。

ビザに関する手続きは「出入国及び難民認定法」という法律で定められています。

この法律の中に「在留資格の変更」に関する事項が書かれたものがあります(第20条)。

しかし永住への変更手続きは、ここには含まれていません。

別の条文(第22条)に「永住許可」として書かれています。

永住についての手続は、他の在留資格の変更手続きとは区別されています。

在留期限が近いのに永住申請をするリスク

ビザの期限の更新は、在留期限の3ヵ月前から申請できます。

「更新のタイミングで永住申請をしたい。」という方の多くは、在留期限の2~3ヵ月前に相談されることが多いです。

しかし永住許可の審査に必要な時間は、目安として6ヶ月~1年です。

永住許可の結果を待っている間に在留期限が切れてしまう可能性が非常に高く、もし切れてしまった場合は出国しなければならなくなります。

そうなると、そもそもの永住申請に必要な要件を満たさなくなってしまいます。

また再度日本で暮らしたい場合、在留資格認定証明書の交付からやり直すことになります。

永住の申請をする前に更新をしましょう。

在留期限が近いタイミングで永住申請を考えるのなら、まず先に更新手続きをしましょう。

現時点では在留期間3年以上を付与されている人しか永住申請はできません。

もし何らかの理由で更新をしたら在留期間が1年になってしまったら、次の更新まで待ちましょう。

3年以上の期間をもらえたら、なるべく早く、遅くとも在留期間が1年以上残っているタイミングで永住申請をして下さい。

永住の要件を満たせているか、しっかり確認して下さい。

日本に長く滞在していれば永住がもらえる、と考えている方もいらっしゃいます。

しかし永住申請は日本にいる期間以外にも、年金の支払い状況や納税状況など、様々な要件があります。

申請をするタイミングで他の要件も満たせているか、しっかり確認してから申請しましょう。

特に申請前3年以内に転職等している場合、年金等の支払い漏れがあることもありますので、十分確認して下さい。

払い漏れがあり、後からまとめて払うことは可能ですが、永住申請の際にはマイナスになります。

期限通りに支払っているか、も審査されるからです。

もし後からまとめて払った場合は、しばらく期限通りに払って実績を作ってから申請しましょう。